ワクワクするクルマの世界

クルマには最新の技術が結集しています。

一昔前なら、夢と思っていた事が、現実に体験できるようになってます。

そして、ますますクルマの進歩は続いています。

また技術がデザインをもっと自由にしてくれたことで、面白いクルマも登場してます。

またクルマの外の、GPSや道路(ITSなど)との連携で、クルマはどんどん安全に快適に面白くなっています。

そんなクルマの魅力に迫りたいと思います。


まだまだ知られてない技術もいっぱい

クルマや道路交通に関係した技術はまだまだ進歩の途中。それだけいに、いろいろ知らない技術もいっぱい。

試作段階・構想段階の技術もピックアップしていきたいと思います。

ごゆっくりどうぞ。


クルマの新機能ガイド メニュー


気になる記事ピックアップ

ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)
/ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)とは/急激に強いブレーキを踏んだときに、ホイールがロックするのを防ぐシステム。安定したブレーキングを確保する。/ABSの仕組み/ABSは自動的にポンピングブレーキを素早い間隔で行うような仕組になっています。.....

クルマの臭い
自動車のニオイは査定に響くほど重要な要素です。近頃は禁煙はあたりまえ。ペットのニオイも意外に気になります。昔は、クルマで当然のようにタバコを吸う人がいっぱいいましたが、今ではそんなことをしたら大変です。昔には想像もしなかった状況が今は当たり前。時代によって変わるものですね。

車検いろいろ
車検も規制緩和によってかなり昔とは変わっています。車検に要す時間や費用も多様化しています。ユーザー車検の登場で、びっくりするような格安車検も可能になっていますが、利用にあたっては注意も必要なようです。車検に立ち会って、プロの整備士の説明を受けながら整備を選べる車検というのも魅力的です。

中古部品
自動車の修理の際に、便利なのが中古部品です。特に人気車種の場合、けっこうお得な部品が素早く手に入ったりして便利です。長く乗った車ほど、交換する部品だけ新品でもあまり意味がないような気もしますしね。中古部品を上手に活用することで上手に節約しましょう。

ヘッドライトのカラー
ヘッドライトのカラーは青っぽいカラーが人気のようです。少し暗い感じになるかも知れませんが、確かに見た目はクールです。他には、黄色やピンクっぽいカラーもあります。白だけではないですね。ただ、注意したいことも。それはカラーによって車検が通らなくなる場合もあるということです。

CVT(無段変速機)
/CVT(無段変速機)とは/自動変速機(AT)が段階的に歯車(ギア)を組み替えて変速するのに対し、CVT(無段変速機)は滑らかに変速する仕組み。/CVT(無段変速機)のメリット/・ATより動力の効率がよく、.....

車内の掃除
洗車も大事ですが、車内の掃除もすごく重要です。車内をきれいにしておけば、ドライブももっと楽しくなります。ニオイ対策も掃除が基本。掃除をこまめにすることで、愛車のことももっと好きになれます。いいことだらけの掃除だけに、やらないのはソンかもしれません。

アイドリングストップ機能
/アイドリングストップ機能とは/アイドリングストップ機能(アイドリング停止機能)とは、運転中クルマを止めると自動的にエンジンが切れ、発進するときにエンジンを再始動して停止中の燃料を節約する機能です。/機能の.....

ガソリンの価格
ガソリン価格はマイカー所有者にとってすごく重要な関心事です。安ければいいですが、価格高騰は頭が痛いです。ガソリン価格が上がれば、それだけ燃費やエコカーが気になります。でも簡単には買い替えも難しいので、不要な荷物を積まないなどの、燃費向上のための工夫が大事。

光のドレスアップ
ライトを使ったドレスアップもおもしろいです。LEDによるいろいろなドレスアップようのパーツがカー用品店で手に入ります。LEDだと消費電力も大きくないのでけっこう手軽です。とはいえ、本格的にドレスアップを考えるなら、バッテリーから考え直したほうがいいかもしれませんね。

PND(パーソナル・ナビゲーション・デバイス)
/PND(パーソナル・ナビゲーション・デバイス)/PND(パーソナル・ナビゲーション・デバイス)は、簡易型でコンパクトなナビシステム。/PNDの長所/・持ち運び簡単、複数代のクルマでの共有もできる。バッテリー内蔵タ.....

車の音
自動車は音がするものです。でもその常識はエンジンだから。ハイブリッドカーや電気自動車の場合には、無音走行もできます。音がしないことで、歩行者に気づかれないという問題も出てきてます。静かにはしるのはよさそうで、安全面では困ったことなのかもしれません。

アラウンドビューモニター
/アラウンドビューモニターとは/・車庫入れや縦列駐車などが苦手な人にとって嬉しい機能です。/アラウンドビューモニターの経緯/アラウンドビューモニターは世界で初めて2007年10月にエルグランドに搭載されました。.....

タイヤがへり続けると
タイヤの交換を示すのは溝の深さですが、交換時期を越えても乗り続けたタイヤはどうなるでしょうか。溝がなくなり、つるつるになった後も擦り減っていくと、ゴムから繊維が見えてきて、最後には穴が開きます。安全運転とは程遠い状態ですので、タイヤとしてはあり得ない状態です。

スパイクタイヤ
スパイクタイヤは、今はもう姿を消しましたが、昔は積雪地では欠かせないタイヤでした。タイヤに埋め込まれた金属製の鋲が滑りをガッチリガードしたのですが、同時にアスファルトを削ることによる粉塵公害の原因にもなりました。結局スパイクタイヤは禁止されて、スタッドレスタイヤにとって代わられたのでした。

はじめに

走行関係

安全関係

環境関係

経済性関係

快適性関係

生産・製造関係

バッテリーの話題

こんなことできる?

サイトについて

育児の悩みと育児準備英語学習・苦手でもやり直し歯の悩み・インプラント特集自動車の買取りこどもちゃれんじ体験ヤフーオークション・初心者主婦入門軽自動車と中古車査定特集クルマの値引き交渉ドライブ旅行と車査定特集
| クルマの新機能エコ&節約バッテリー交換再生バッテリーが選ばれる本当の理由

お問い合わせ

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)

Copyright © 2007-2015 わくわくクルマの新機能ガイド. All rights reserved