ワクワクするクルマの世界

クルマには最新の技術が結集しています。

一昔前なら、夢と思っていた事が、現実に体験できるようになってます。

そして、ますますクルマの進歩は続いています。

また技術がデザインをもっと自由にしてくれたことで、面白いクルマも登場してます。

またクルマの外の、GPSや道路(ITSなど)との連携で、クルマはどんどん安全に快適に面白くなっています。

そんなクルマの魅力に迫りたいと思います。


まだまだ知られてない技術もいっぱい

クルマや道路交通に関係した技術はまだまだ進歩の途中。それだけいに、いろいろ知らない技術もいっぱい。

試作段階・構想段階の技術もピックアップしていきたいと思います。

ごゆっくりどうぞ。


クルマの新機能ガイド メニュー


気になる記事ピックアップ

やめられないHID
一度HIDで夜のドライブを体験すると、もうハロゲンにはもどれないかもしれません。そう思う人は多いです。視界がすごくよくなり、運転しやすいです。そのため、スピードの出しすぎには注意が必要かもしれません。ランプのカラーも選べたり、なかなか楽しめるHIDです。

マフラーからのカタカタ
段差でクルマのはらをぶつけた直後、きまぐれにカラカラ・・・という音がするようになりました。それほど、大きな音ではないですが、気になるので整備工場に見てもらったら、マフラーの留め金がサビも手伝ってちぎれてました。でも整備員の機転で針金固定でなおりました。

キーレスの電池
キーレスの電池切れは、知らないとあせります。これまで当たり前に使えてたドアやキーが全く反応しなくなります。頻繁にあることではないだけに、びっくりします。気がついた後も、普段キーレスに慣れてるだけに、キーレスが使えないと本当に不便に感じるのでした。

車内の掃除
洗車も大事ですが、車内の掃除もすごく重要です。車内をきれいにしておけば、ドライブももっと楽しくなります。ニオイ対策も掃除が基本。掃除をこまめにすることで、愛車のことももっと好きになれます。いいことだらけの掃除だけに、やらないのはソンかもしれません。

ヘッドライトのカラー
ヘッドライトのカラーは青っぽいカラーが人気のようです。少し暗い感じになるかも知れませんが、確かに見た目はクールです。他には、黄色やピンクっぽいカラーもあります。白だけではないですね。ただ、注意したいことも。それはカラーによって車検が通らなくなる場合もあるということです。

ハロゲンのメリット
ハロゲンランプとHIDを比べると、圧倒的にHIDのほうが支持されそうですが、実はハロゲンランプの長所もあります。それは、雪道。省エネ型のHIDと異なり、ハロゲンランプは熱を持ちます。そのため、雪は降る場合ライトに付着した雪を融かす効果もあるので、雪の付着を防げるというメリットがあります。

飛び石でガラスが
前の車が巻き込んだ飛び石が、カンという音とともにフロントガラスにぶつかりました。そのときは気づきませんでしたが、あとで確認すると、小さなキズがついてました。飛び石の原因となった車に修理代を出してもらうなんてこともできないですし、自腹でガラス修理するハメになったのでした。

タイミングベルト
タイミングベルトは10年くらいを目安に交換される車の部品です。タイミングベルトが切れるとエンジンはうんともすんとも言わなくなります。メーカーによってはタイミングベルトじゃなくなっているエンジンもあります。普段は気にしないのですが、すごく重要なベルトです。

車の音
自動車は音がするものです。でもその常識はエンジンだから。ハイブリッドカーや電気自動車の場合には、無音走行もできます。音がしないことで、歩行者に気づかれないという問題も出てきてます。静かにはしるのはよさそうで、安全面では困ったことなのかもしれません。

光のドレスアップ
ライトを使ったドレスアップもおもしろいです。LEDによるいろいろなドレスアップようのパーツがカー用品店で手に入ります。LEDだと消費電力も大きくないのでけっこう手軽です。とはいえ、本格的にドレスアップを考えるなら、バッテリーから考え直したほうがいいかもしれませんね。

フォグランプ
モヤのかかった視界の悪い道でのドライブなどは、黄色のフォグランプが便利ですね。それは、日中でも、夜でも、フォグランプで運転はかなり楽になります。運転機会の多い人ほど、あると便利なフォグランプです。逆にあまり車に乗らない人には、必要性は薄いかも。

ガラスリペア
フロントガラスについた飛び石による小さなキズ。修理には、ガラスの取換えもありますが、専門業者に依頼すれば、リペアしてもらえることも。プロのリペアなら、本当にわからないくらいきれいに直ることも。ちなみに、市販のリペアで自分で修理するのはあまりオススメではないです。プロのリペアでさえ再発することがあるほどですから。

プラグ
プラグはエンジンで重要な部品であり、消耗品です。通常車検のときにチェックして交換します。交換の際にはひとつづつではなく、いっぺんに全てを交換するのが普通です。プラグが消耗すると燃費にも関わりますので、早めに交換することが懸命かもしれません。

バンパーのへこみ
バンパーの凹みって温めて叩いたら簡単に戻ることもあります。金属製じゃないバンパーは結構多いですが、かなり大きな凹みでしたが、馴染みの整備工場にもっていたらものの数分で直してくれました。しかもタダでした。もちろん、ほとんど跡も分からない状態です。数万円の修理代を覚悟していただけにラッキーでした。

スパイクタイヤ
スパイクタイヤは、今はもう姿を消しましたが、昔は積雪地では欠かせないタイヤでした。タイヤに埋め込まれた金属製の鋲が滑りをガッチリガードしたのですが、同時にアスファルトを削ることによる粉塵公害の原因にもなりました。結局スパイクタイヤは禁止されて、スタッドレスタイヤにとって代わられたのでした。

はじめに

走行関係

安全関係

環境関係

経済性関係

快適性関係

生産・製造関係

バッテリーの話題

こんなことできる?

サイトについて

育児の悩みと育児準備英語学習・苦手でもやり直し歯の悩み・インプラント特集自動車の買取りこどもちゃれんじ体験ヤフーオークション・初心者主婦入門軽自動車と中古車査定特集クルマの値引き交渉ドライブ旅行と車査定特集
| クルマの新機能エコ&節約バッテリー交換再生バッテリーが選ばれる本当の理由

お問い合わせ

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)

Copyright © 2007-2015 わくわくクルマの新機能ガイド. All rights reserved