事故の瞬間を記録



/ドライブレコーダーとは/
ドライブレコーダー(又は「イベントデータレコーダー」)は、交通事故時の情報を記録するための装置。ドラレコとも言われます。


/ドライブレコーダーの内容/
・カメラによる映像など
・無線装置を備えて遠隔でデータを送信できるものもあります。


/ドライブレコーダーの用途/
・事故時の状況を知るため、この情報が回収され分析されます。
・事故だけじゃなくドライブの記録としても使えます。


/メリット/
・交通事故の状況を客観的に知る事ができる。
・警察の捜査の手間が省ける。




安全関係

気になる記事ピックアップ

タイミングベルト
タイミングベルトは10年くらいを目安に交換される車の部品です。タイミングベルトが切れるとエンジンはうんともすんとも言わなくなります。メーカーによってはタイミングベルトじゃなくなっているエンジンもあります。普段は気にしないのですが、すごく重要なベルトです。

ロードサービス
ロードサービスといえばむかしからJAFが有名です。でも近頃では、自動車保険やクレジットカードの付帯サービスとして提供される場合もあるので、そちらを利用する人も多いです。いずれにしても、自力で解決が難しい、車に関するトラブルにあったときには心強い存在です。

キーレスエントリー
/キーレスエントリーとは/キーレスエントリーは、キーを差し込まなくてもリモコンなどでクルマをロックしたりロック解除したりできる仕組みです。/キーレスエントリーのメリット/ロックやロック解除が簡単手軽です。特に荷物を持っていると.....

アイドリングストップ機能
/アイドリングストップ機能とは/アイドリングストップ機能(アイドリング停止機能)とは、運転中クルマを止めると自動的にエンジンが切れ、発進するときにエンジンを再始動して停止中の燃料を節約する機能です。/機能の.....

中古部品
自動車の修理の際に、便利なのが中古部品です。特に人気車種の場合、けっこうお得な部品が素早く手に入ったりして便利です。長く乗った車ほど、交換する部品だけ新品でもあまり意味がないような気もしますしね。中古部品を上手に活用することで上手に節約しましょう。

Copyright © 2007-2015 わくわくクルマの新機能ガイド. All rights reserved