事故の瞬間を記録



/ドライブレコーダーとは/
ドライブレコーダー(又は「イベントデータレコーダー」)は、交通事故時の情報を記録するための装置。ドラレコとも言われます。


/ドライブレコーダーの内容/
・カメラによる映像など
・無線装置を備えて遠隔でデータを送信できるものもあります。


/ドライブレコーダーの用途/
・事故時の状況を知るため、この情報が回収され分析されます。
・事故だけじゃなくドライブの記録としても使えます。


/メリット/
・交通事故の状況を客観的に知る事ができる。
・警察の捜査の手間が省ける。




安全関係

気になる記事ピックアップ

携帯型カーナビ
/携帯型カーナビとは/自動車に搭載されたカーナビ(カーナビゲーションシステム)の液晶画面部分と取り外して、クルマの外でもナビとして利用できるカーナビのこと。クルマを降りてからの道案内もおまかせできる優れものです。/メリット/徒歩や自転.....

マフラーからのカタカタ
段差でクルマのはらをぶつけた直後、きまぐれにカラカラ・・・という音がするようになりました。それほど、大きな音ではないですが、気になるので整備工場に見てもらったら、マフラーの留め金がサビも手伝ってちぎれてました。でも整備員の機転で針金固定でなおりました。

ロードサービス
ロードサービスといえばむかしからJAFが有名です。でも近頃では、自動車保険やクレジットカードの付帯サービスとして提供される場合もあるので、そちらを利用する人も多いです。いずれにしても、自力で解決が難しい、車に関するトラブルにあったときには心強い存在です。

タイミングベルト
タイミングベルトは10年くらいを目安に交換される車の部品です。タイミングベルトが切れるとエンジンはうんともすんとも言わなくなります。メーカーによってはタイミングベルトじゃなくなっているエンジンもあります。普段は気にしないのですが、すごく重要なベルトです。

やめられないHID
一度HIDで夜のドライブを体験すると、もうハロゲンにはもどれないかもしれません。そう思う人は多いです。視界がすごくよくなり、運転しやすいです。そのため、スピードの出しすぎには注意が必要かもしれません。ランプのカラーも選べたり、なかなか楽しめるHIDです。

Copyright © 2007-2015 わくわくクルマの新機能ガイド. All rights reserved