ハイブリッドカーが浸透



/ハイブリッドカー(ハイブリッド車)とは/
ハイブリッドカーは、動力としてエンジンと電動モーターを搭載した自動車です。燃費がよく排ガスを抑えるため、環境対策で期待度の大きい自動車です。


/ハイブリッドカーの長所/
・燃費がよい
・排ガスも抑えられ環境によい


/ハイブリッドカーの短所・注意点/
・発進時や低速時にモーターで動いている場合、エンジン者と異なり音が静かなため近くにいてもクルマの存在に気づかれない可能性がある。(事故防止のためより注意が必要)


/ハイブリッドカーの代名詞:トヨタ・プリウスの動向/
・1997年世界初のハイブリッドカーの量販車として登場
・2009年6月:月間新車販売台数ランキングでスズキ・ワゴンR等を抑えて1位となりました。ハイブリッドカー初の快挙。(エコカー減税などが追い風)





環境関係


経済性関係

気になる記事ピックアップ

バンパーのへこみ
バンパーの凹みって温めて叩いたら簡単に戻ることもあります。金属製じゃないバンパーは結構多いですが、かなり大きな凹みでしたが、馴染みの整備工場にもっていたらものの数分で直してくれました。しかもタダでした。もちろん、ほとんど跡も分からない状態です。数万円の修理代を覚悟していただけにラッキーでした。

アラウンドビューモニター
/アラウンドビューモニターとは/・車庫入れや縦列駐車などが苦手な人にとって嬉しい機能です。/アラウンドビューモニターの経緯/アラウンドビューモニターは世界で初めて2007年10月にエルグランドに搭載されました。.....

スパイクタイヤ
スパイクタイヤは、今はもう姿を消しましたが、昔は積雪地では欠かせないタイヤでした。タイヤに埋め込まれた金属製の鋲が滑りをガッチリガードしたのですが、同時にアスファルトを削ることによる粉塵公害の原因にもなりました。結局スパイクタイヤは禁止されて、スタッドレスタイヤにとって代わられたのでした。

PND(パーソナル・ナビゲーション・デバイス)
/PND(パーソナル・ナビゲーション・デバイス)/PND(パーソナル・ナビゲーション・デバイス)は、簡易型でコンパクトなナビシステム。/PNDの長所/・持ち運び簡単、複数代のクルマでの共有もできる。バッテリー内蔵タ.....

タイヤがへり続けると
タイヤの交換を示すのは溝の深さですが、交換時期を越えても乗り続けたタイヤはどうなるでしょうか。溝がなくなり、つるつるになった後も擦り減っていくと、ゴムから繊維が見えてきて、最後には穴が開きます。安全運転とは程遠い状態ですので、タイヤとしてはあり得ない状態です。

Copyright © 2007-2015 わくわくクルマの新機能ガイド. All rights reserved