ハイブリッドカーが浸透



/ハイブリッドカー(ハイブリッド車)とは/
ハイブリッドカーは、動力としてエンジンと電動モーターを搭載した自動車です。燃費がよく排ガスを抑えるため、環境対策で期待度の大きい自動車です。


/ハイブリッドカーの長所/
・燃費がよい
・排ガスも抑えられ環境によい


/ハイブリッドカーの短所・注意点/
・発進時や低速時にモーターで動いている場合、エンジン者と異なり音が静かなため近くにいてもクルマの存在に気づかれない可能性がある。(事故防止のためより注意が必要)


/ハイブリッドカーの代名詞:トヨタ・プリウスの動向/
・1997年世界初のハイブリッドカーの量販車として登場
・2009年6月:月間新車販売台数ランキングでスズキ・ワゴンR等を抑えて1位となりました。ハイブリッドカー初の快挙。(エコカー減税などが追い風)





環境関係


経済性関係

気になる記事ピックアップ

マフラーからのカタカタ
段差でクルマのはらをぶつけた直後、きまぐれにカラカラ・・・という音がするようになりました。それほど、大きな音ではないですが、気になるので整備工場に見てもらったら、マフラーの留め金がサビも手伝ってちぎれてました。でも整備員の機転で針金固定でなおりました。

キーレスの電池
キーレスの電池切れは、知らないとあせります。これまで当たり前に使えてたドアやキーが全く反応しなくなります。頻繁にあることではないだけに、びっくりします。気がついた後も、普段キーレスに慣れてるだけに、キーレスが使えないと本当に不便に感じるのでした。

タイヤ交換
ホイールごとの交換であれば、一般の人にもレンチとジャッキを使って可能ですが、ホイールにタイヤを付けるところからの交換だと、設備がないと難しいです。ホイールごとの交換でも4本すべて交換する手間を考えれば、プロに頼む人も多く、スペアタイヤへの交換もできない人も少なくないようです。

中古部品
自動車の修理の際に、便利なのが中古部品です。特に人気車種の場合、けっこうお得な部品が素早く手に入ったりして便利です。長く乗った車ほど、交換する部品だけ新品でもあまり意味がないような気もしますしね。中古部品を上手に活用することで上手に節約しましょう。

クルマの臭い
自動車のニオイは査定に響くほど重要な要素です。近頃は禁煙はあたりまえ。ペットのニオイも意外に気になります。昔は、クルマで当然のようにタバコを吸う人がいっぱいいましたが、今ではそんなことをしたら大変です。昔には想像もしなかった状況が今は当たり前。時代によって変わるものですね。

Copyright © 2007-2015 わくわくクルマの新機能ガイド. All rights reserved