クルマの停止時、エンジンもストップ



/アイドリングストップ機能とは/
アイドリングストップ機能(アイドリング停止機能)とは、運転中クルマを止めると自動的にエンジンが切れ、発進するときにエンジンを再始動して停止中の燃料を節約する機能です。


/機能のメリット/
渋滞の多い都市部では、運転時間のうち実に4割程度が停止状態といわれています。
この停止状態の間、エンジンを止めておけ燃費効率は10%前後向上できるそうです。


/機能のすごいところ/
この機能のポイントは、エンジン再始動時にかかる時間です。
再始動に時間がかかるようでは、ドライバーのイライラのもとです。

ちなみに、アイドリングストップ機能(「i-stop(アイストップ)」)を搭載した、マツダ・アクセラは、エンジンの再始動時間を従来の半分の0.35秒に短縮したそうです。すごい技術ですね。
また気になるエアコンですが、エンジン停止でエアコンも一旦切れますが、設定温度以上になるとエンジンが再スタートするようです。


/関連技術/
アイドリングストップ機能のエンジン再始動時間の短縮のカギを握るのはバッテリーです。
マツダ・アクセラは、パナソニックストレージバッテリーが開発した新型バッテリーを搭載しました。


/背景/
2015年度に規制が強化される国内の燃費規制が、アイドリングストップ機能搭載を後押しする可能性が高いです。



走行関係


環境関係


経済性関係

気になる記事ピックアップ

ブレーキパッド
ブレーキパッドも消耗品のひとつです。通常車検のときにチェックして交換されます。ブレーキパッドがなくなってくると、ブレーキングの際に音がします。ブレーキをふんだときに、がががが・・・というような不自然な音がするときはブレーキパッドの消耗が原因かもしれません。

バッテリー交換の場所
バッテリー交換は車検の時に一緒に済ますという人もいますが、ガソリンスタンドを利用する人もいます。ホームセンターやカー用品店で購入、交換してもらう場合も。整備工場やディーラーも選択肢の一つです。でももし自分でできるなら、もっと安いバッテリーを選ぶことも出るのでした。

ドライブレコーダー
/ドライブレコーダーとは/ドライブレコーダー(又は「イベントデータレコーダー」)は、交通事故時の情報を記録するための装置。ドラレコとも言われます。/ドライブレコーダーの内容/・カメラによる映像など.....

居眠り運転警報システム
/居眠り運転警報システムとは/ドライバーの目蓋の動きなどで居眠りを感知し、警報するシステムのこと。居眠り運転警報システムがあると・・・寝不足のときの運転や、単調な長いドライブなど、つい眠くなることも。.....

タイヤがへり続けると
タイヤの交換を示すのは溝の深さですが、交換時期を越えても乗り続けたタイヤはどうなるでしょうか。溝がなくなり、つるつるになった後も擦り減っていくと、ゴムから繊維が見えてきて、最後には穴が開きます。安全運転とは程遠い状態ですので、タイヤとしてはあり得ない状態です。

Copyright © 2007-2015 わくわくクルマの新機能ガイド. All rights reserved