クルマの停止時、エンジンもストップ



/アイドリングストップ機能とは/
アイドリングストップ機能(アイドリング停止機能)とは、運転中クルマを止めると自動的にエンジンが切れ、発進するときにエンジンを再始動して停止中の燃料を節約する機能です。


/機能のメリット/
渋滞の多い都市部では、運転時間のうち実に4割程度が停止状態といわれています。
この停止状態の間、エンジンを止めておけ燃費効率は10%前後向上できるそうです。


/機能のすごいところ/
この機能のポイントは、エンジン再始動時にかかる時間です。
再始動に時間がかかるようでは、ドライバーのイライラのもとです。

ちなみに、アイドリングストップ機能(「i-stop(アイストップ)」)を搭載した、マツダ・アクセラは、エンジンの再始動時間を従来の半分の0.35秒に短縮したそうです。すごい技術ですね。
また気になるエアコンですが、エンジン停止でエアコンも一旦切れますが、設定温度以上になるとエンジンが再スタートするようです。


/関連技術/
アイドリングストップ機能のエンジン再始動時間の短縮のカギを握るのはバッテリーです。
マツダ・アクセラは、パナソニックストレージバッテリーが開発した新型バッテリーを搭載しました。


/背景/
2015年度に規制が強化される国内の燃費規制が、アイドリングストップ機能搭載を後押しする可能性が高いです。



走行関係


環境関係


経済性関係

気になる記事ピックアップ

PND(パーソナル・ナビゲーション・デバイス)
/PND(パーソナル・ナビゲーション・デバイス)/PND(パーソナル・ナビゲーション・デバイス)は、簡易型でコンパクトなナビシステム。/PNDの長所/・持ち運び簡単、複数代のクルマでの共有もできる。バッテリー内蔵タ.....

車の音
自動車は音がするものです。でもその常識はエンジンだから。ハイブリッドカーや電気自動車の場合には、無音走行もできます。音がしないことで、歩行者に気づかれないという問題も出てきてます。静かにはしるのはよさそうで、安全面では困ったことなのかもしれません。

アラウンドビューモニター
/アラウンドビューモニターとは/・車庫入れや縦列駐車などが苦手な人にとって嬉しい機能です。/アラウンドビューモニターの経緯/アラウンドビューモニターは世界で初めて2007年10月にエルグランドに搭載されました。.....

タイヤがへり続けると
タイヤの交換を示すのは溝の深さですが、交換時期を越えても乗り続けたタイヤはどうなるでしょうか。溝がなくなり、つるつるになった後も擦り減っていくと、ゴムから繊維が見えてきて、最後には穴が開きます。安全運転とは程遠い状態ですので、タイヤとしてはあり得ない状態です。

スパイクタイヤ
スパイクタイヤは、今はもう姿を消しましたが、昔は積雪地では欠かせないタイヤでした。タイヤに埋め込まれた金属製の鋲が滑りをガッチリガードしたのですが、同時にアスファルトを削ることによる粉塵公害の原因にもなりました。結局スパイクタイヤは禁止されて、スタッドレスタイヤにとって代わられたのでした。

Copyright © 2007-2015 わくわくクルマの新機能ガイド. All rights reserved