クルマの停止時、エンジンもストップ



/アイドリングストップ機能とは/
アイドリングストップ機能(アイドリング停止機能)とは、運転中クルマを止めると自動的にエンジンが切れ、発進するときにエンジンを再始動して停止中の燃料を節約する機能です。


/機能のメリット/
渋滞の多い都市部では、運転時間のうち実に4割程度が停止状態といわれています。
この停止状態の間、エンジンを止めておけ燃費効率は10%前後向上できるそうです。


/機能のすごいところ/
この機能のポイントは、エンジン再始動時にかかる時間です。
再始動に時間がかかるようでは、ドライバーのイライラのもとです。

ちなみに、アイドリングストップ機能(「i-stop(アイストップ)」)を搭載した、マツダ・アクセラは、エンジンの再始動時間を従来の半分の0.35秒に短縮したそうです。すごい技術ですね。
また気になるエアコンですが、エンジン停止でエアコンも一旦切れますが、設定温度以上になるとエンジンが再スタートするようです。


/関連技術/
アイドリングストップ機能のエンジン再始動時間の短縮のカギを握るのはバッテリーです。
マツダ・アクセラは、パナソニックストレージバッテリーが開発した新型バッテリーを搭載しました。


/背景/
2015年度に規制が強化される国内の燃費規制が、アイドリングストップ機能搭載を後押しする可能性が高いです。



走行関係


環境関係


経済性関係

気になる記事ピックアップ

フォグランプ
モヤのかかった視界の悪い道でのドライブなどは、黄色のフォグランプが便利ですね。それは、日中でも、夜でも、フォグランプで運転はかなり楽になります。運転機会の多い人ほど、あると便利なフォグランプです。逆にあまり車に乗らない人には、必要性は薄いかも。

ガラスリペア
フロントガラスについた飛び石による小さなキズ。修理には、ガラスの取換えもありますが、専門業者に依頼すれば、リペアしてもらえることも。プロのリペアなら、本当にわからないくらいきれいに直ることも。ちなみに、市販のリペアで自分で修理するのはあまりオススメではないです。プロのリペアでさえ再発することがあるほどですから。

プラグ
プラグはエンジンで重要な部品であり、消耗品です。通常車検のときにチェックして交換します。交換の際にはひとつづつではなく、いっぺんに全てを交換するのが普通です。プラグが消耗すると燃費にも関わりますので、早めに交換することが懸命かもしれません。

バンパーのへこみ
バンパーの凹みって温めて叩いたら簡単に戻ることもあります。金属製じゃないバンパーは結構多いですが、かなり大きな凹みでしたが、馴染みの整備工場にもっていたらものの数分で直してくれました。しかもタダでした。もちろん、ほとんど跡も分からない状態です。数万円の修理代を覚悟していただけにラッキーでした。

スパイクタイヤ
スパイクタイヤは、今はもう姿を消しましたが、昔は積雪地では欠かせないタイヤでした。タイヤに埋め込まれた金属製の鋲が滑りをガッチリガードしたのですが、同時にアスファルトを削ることによる粉塵公害の原因にもなりました。結局スパイクタイヤは禁止されて、スタッドレスタイヤにとって代わられたのでした。

Copyright © 2007-2015 わくわくクルマの新機能ガイド. All rights reserved