クルマが居眠りに警報



/居眠り運転警報システムとは/
ドライバーの目蓋の動きなどで居眠りを感知し、警報するシステムのこと。


居眠り運転警報システムがあると・・・

寝不足のときの運転や、単調な長いドライブなど、つい眠くなることも。

眠いからといって、思い切って休むこともできずに、眠気と戦いながらの運転。 でも真の睡魔には勝てずに、うとうと・・・

はっ! として、ドライブ中に目を覚まし、ヒヤッとしたことがある人は意外に多いと思います。

心当たりないですか?

居眠り運転警報システムって、頼もしいシステム。 でもね。 本当に居眠りだけを感知してくれないと面倒っぽい。

そこが、このシステムの肝かなぁ・・・。

どこまで、居眠りとそうじゃない動きをフォローできるのか? そして居眠り防止に役立つのか? システムの命ですね。



安全関係

気になる記事ピックアップ

ガラスリペア
フロントガラスについた飛び石による小さなキズ。修理には、ガラスの取換えもありますが、専門業者に依頼すれば、リペアしてもらえることも。プロのリペアなら、本当にわからないくらいきれいに直ることも。ちなみに、市販のリペアで自分で修理するのはあまりオススメではないです。プロのリペアでさえ再発することがあるほどですから。

プラグ
プラグはエンジンで重要な部品であり、消耗品です。通常車検のときにチェックして交換します。交換の際にはひとつづつではなく、いっぺんに全てを交換するのが普通です。プラグが消耗すると燃費にも関わりますので、早めに交換することが懸命かもしれません。

キー閉じ込み
キーを車内に残したまま、車をロックしてしまうという事態。ロードサービスに解決してもらうことが多いです。昔はウインドウのスキマから針金などを使って自力で開ける人もいましたが、だんだん複雑になってそれができなくなっています。またキーレスエントリやイモビライザーなど技術の進歩でキー閉じ込みが起きないようにもなってます。

タイヤがへり続けると
タイヤの交換を示すのは溝の深さですが、交換時期を越えても乗り続けたタイヤはどうなるでしょうか。溝がなくなり、つるつるになった後も擦り減っていくと、ゴムから繊維が見えてきて、最後には穴が開きます。安全運転とは程遠い状態ですので、タイヤとしてはあり得ない状態です。

車の音
自動車は音がするものです。でもその常識はエンジンだから。ハイブリッドカーや電気自動車の場合には、無音走行もできます。音がしないことで、歩行者に気づかれないという問題も出てきてます。静かにはしるのはよさそうで、安全面では困ったことなのかもしれません。

Copyright © 2007-2015 わくわくクルマの新機能ガイド. All rights reserved