クルマが居眠りに警報



/居眠り運転警報システムとは/
ドライバーの目蓋の動きなどで居眠りを感知し、警報するシステムのこと。


居眠り運転警報システムがあると・・・

寝不足のときの運転や、単調な長いドライブなど、つい眠くなることも。

眠いからといって、思い切って休むこともできずに、眠気と戦いながらの運転。 でも真の睡魔には勝てずに、うとうと・・・

はっ! として、ドライブ中に目を覚まし、ヒヤッとしたことがある人は意外に多いと思います。

心当たりないですか?

居眠り運転警報システムって、頼もしいシステム。 でもね。 本当に居眠りだけを感知してくれないと面倒っぽい。

そこが、このシステムの肝かなぁ・・・。

どこまで、居眠りとそうじゃない動きをフォローできるのか? そして居眠り防止に役立つのか? システムの命ですね。



安全関係

気になる記事ピックアップ

車の音
自動車は音がするものです。でもその常識はエンジンだから。ハイブリッドカーや電気自動車の場合には、無音走行もできます。音がしないことで、歩行者に気づかれないという問題も出てきてます。静かにはしるのはよさそうで、安全面では困ったことなのかもしれません。

タイヤがへり続けると
タイヤの交換を示すのは溝の深さですが、交換時期を越えても乗り続けたタイヤはどうなるでしょうか。溝がなくなり、つるつるになった後も擦り減っていくと、ゴムから繊維が見えてきて、最後には穴が開きます。安全運転とは程遠い状態ですので、タイヤとしてはあり得ない状態です。

バッテリーあがり
バッテリーあがりを起こすと、エンジンは動かないです。バッテリーって、もしかしたら経験てみないと、分からないかも。エアコンがフル稼働の夏場や、冬の寒い状況が、バッテリーには過酷のようで、その時期はバッテリーあがりが多いかも。ブースターケーブルは車に常備が基本。

バッテリー交換の場所
バッテリー交換は車検の時に一緒に済ますという人もいますが、ガソリンスタンドを利用する人もいます。ホームセンターやカー用品店で購入、交換してもらう場合も。整備工場やディーラーも選択肢の一つです。でももし自分でできるなら、もっと安いバッテリーを選ぶことも出るのでした。

プラグ
プラグはエンジンで重要な部品であり、消耗品です。通常車検のときにチェックして交換します。交換の際にはひとつづつではなく、いっぺんに全てを交換するのが普通です。プラグが消耗すると燃費にも関わりますので、早めに交換することが懸命かもしれません。

Copyright © 2007-2019 わくわくクルマの新機能ガイド. All rights reserved