管理人のこと


管理人は、自動車整備の町工場に育った割りに、車にはあまり愛着をもたない中年男です。
小さい頃から、エンジンが解体されて再び組み立てられるさまや、事故車が板金でみるみるキレイになっていくさまを見慣れたせいか、今いちクルマに感動しなくなってしまったのかも。

そんなことで、愛車にはあまりこだわりのない私です。
それゆえ、カーシェアリングというテーマにはすごく興味を持ち、いろいろ調べました。

現状でカーシェアリングを利用できる人は多くはないと思いますが、クルマの用途や利用頻度、近場にステーションがある等、条件さえハマればすごい便利なはず。

節約しながら、環境にも優しい「カーシェアリング」のことをもっと知ってもらえると嬉しく思います。



ごゆっくり、ご覧ください(^o^)


気になる記事ピックアップ


サイトについて

バンパーのへこみ
バンパーの凹みって温めて叩いたら簡単に戻ることもあります。金属製じゃないバンパーは結構多いですが、かなり大きな凹みでしたが、馴染みの整備工場にもっていたらものの数分で直してくれました。しかもタダでした。もちろん、ほとんど跡も分からない状態です。数万円の修理代を覚悟していただけにラッキーでした。

アラウンドビューモニター
/アラウンドビューモニターとは/・車庫入れや縦列駐車などが苦手な人にとって嬉しい機能です。/アラウンドビューモニターの経緯/アラウンドビューモニターは世界で初めて2007年10月にエルグランドに搭載されました。.....

スパイクタイヤ
スパイクタイヤは、今はもう姿を消しましたが、昔は積雪地では欠かせないタイヤでした。タイヤに埋め込まれた金属製の鋲が滑りをガッチリガードしたのですが、同時にアスファルトを削ることによる粉塵公害の原因にもなりました。結局スパイクタイヤは禁止されて、スタッドレスタイヤにとって代わられたのでした。

PND(パーソナル・ナビゲーション・デバイス)
/PND(パーソナル・ナビゲーション・デバイス)/PND(パーソナル・ナビゲーション・デバイス)は、簡易型でコンパクトなナビシステム。/PNDの長所/・持ち運び簡単、複数代のクルマでの共有もできる。バッテリー内蔵タ.....

タイヤがへり続けると
タイヤの交換を示すのは溝の深さですが、交換時期を越えても乗り続けたタイヤはどうなるでしょうか。溝がなくなり、つるつるになった後も擦り減っていくと、ゴムから繊維が見えてきて、最後には穴が開きます。安全運転とは程遠い状態ですので、タイヤとしてはあり得ない状態です。

Copyright © 2007-2015 わくわくクルマの新機能ガイド. All rights reserved