バンパーなどの原料の製造法の進化



/プロピレンとは/
プロピレンは加工性や強度に優れており、自動車のバンパーのほか建材や家電の部品の原料として利用されています。


/従来のプロピレンの製造法と新しい製造法/
プロピレンの製造法は石油由来のナフサから得る方法があり、問題点は原油価格に連動しやすいナフサの影響を受けやすいことなどがあります。
新しい製造法は、天然ガスからプロピレンを作ります。メリットは、原油価格に生産が影響されないことや、製造時の消費エネルギーや二酸化炭素(CO2)排出量を減らせることなど。
クルマの環境への影響やコストの改善につながりそうな技術です。


/新しい製造方法の動き/
日揮と三菱化学が、年産能力100~300トンの実証プラントを国内で2010年に稼動させ、2012年に年産能力10万~50万トンのプラントを商用化する計画(2009.11現在)


[主な参考資料]
・日本経済新聞2009.11.8



生産・製造関係

気になる記事ピックアップ

バンパーなどのプロピレンの製造
/プロピレンとは/プロピレンは加工性や強度に優れており、自動車のバンパーのほか建材や家電の部品の原料として利用されています。/従来のプロピレンの製造法と新しい製造法/プロピレンの製造法は石油由来のナフサから得る方法があり.....

スタッドレスタイヤ
スタッドレスタイヤは雪の積もった道のドライブでは欠かせないです。積雪地方では冬のあいだ、タイヤをスタッドレスタイヤに交換します。スタッドレスタイヤは、かつてのスパイクタイヤと違い鋲などはうたれていないのに、滑りにくいというのが不思議ですが、雪道には欠かせないタイヤです。

バンパーのへこみ
バンパーの凹みって温めて叩いたら簡単に戻ることもあります。金属製じゃないバンパーは結構多いですが、かなり大きな凹みでしたが、馴染みの整備工場にもっていたらものの数分で直してくれました。しかもタダでした。もちろん、ほとんど跡も分からない状態です。数万円の修理代を覚悟していただけにラッキーでした。

クルマの臭い
自動車のニオイは査定に響くほど重要な要素です。近頃は禁煙はあたりまえ。ペットのニオイも意外に気になります。昔は、クルマで当然のようにタバコを吸う人がいっぱいいましたが、今ではそんなことをしたら大変です。昔には想像もしなかった状況が今は当たり前。時代によって変わるものですね。

フォグランプ
モヤのかかった視界の悪い道でのドライブなどは、黄色のフォグランプが便利ですね。それは、日中でも、夜でも、フォグランプで運転はかなり楽になります。運転機会の多い人ほど、あると便利なフォグランプです。逆にあまり車に乗らない人には、必要性は薄いかも。

Copyright © 2007-2015 わくわくクルマの新機能ガイド. All rights reserved