バンパーなどの原料の製造法の進化



/プロピレンとは/
プロピレンは加工性や強度に優れており、自動車のバンパーのほか建材や家電の部品の原料として利用されています。


/従来のプロピレンの製造法と新しい製造法/
プロピレンの製造法は石油由来のナフサから得る方法があり、問題点は原油価格に連動しやすいナフサの影響を受けやすいことなどがあります。
新しい製造法は、天然ガスからプロピレンを作ります。メリットは、原油価格に生産が影響されないことや、製造時の消費エネルギーや二酸化炭素(CO2)排出量を減らせることなど。
クルマの環境への影響やコストの改善につながりそうな技術です。


/新しい製造方法の動き/
日揮と三菱化学が、年産能力100~300トンの実証プラントを国内で2010年に稼動させ、2012年に年産能力10万~50万トンのプラントを商用化する計画(2009.11現在)


[主な参考資料]
・日本経済新聞2009.11.8



生産・製造関係

気になる記事ピックアップ

PND(パーソナル・ナビゲーション・デバイス)
/PND(パーソナル・ナビゲーション・デバイス)/PND(パーソナル・ナビゲーション・デバイス)は、簡易型でコンパクトなナビシステム。/PNDの長所/・持ち運び簡単、複数代のクルマでの共有もできる。バッテリー内蔵タ.....

スパイクタイヤ
スパイクタイヤは、今はもう姿を消しましたが、昔は積雪地では欠かせないタイヤでした。タイヤに埋め込まれた金属製の鋲が滑りをガッチリガードしたのですが、同時にアスファルトを削ることによる粉塵公害の原因にもなりました。結局スパイクタイヤは禁止されて、スタッドレスタイヤにとって代わられたのでした。

車の音
自動車は音がするものです。でもその常識はエンジンだから。ハイブリッドカーや電気自動車の場合には、無音走行もできます。音がしないことで、歩行者に気づかれないという問題も出てきてます。静かにはしるのはよさそうで、安全面では困ったことなのかもしれません。

ガラスリペア
フロントガラスについた飛び石による小さなキズ。修理には、ガラスの取換えもありますが、専門業者に依頼すれば、リペアしてもらえることも。プロのリペアなら、本当にわからないくらいきれいに直ることも。ちなみに、市販のリペアで自分で修理するのはあまりオススメではないです。プロのリペアでさえ再発することがあるほどですから。

ハロゲンのメリット
ハロゲンランプとHIDを比べると、圧倒的にHIDのほうが支持されそうですが、実はハロゲンランプの長所もあります。それは、雪道。省エネ型のHIDと異なり、ハロゲンランプは熱を持ちます。そのため、雪は降る場合ライトに付着した雪を融かす効果もあるので、雪の付着を防げるというメリットがあります。

Copyright © 2007-2015 わくわくクルマの新機能ガイド. All rights reserved