バンパーなどの原料の製造法の進化



/プロピレンとは/
プロピレンは加工性や強度に優れており、自動車のバンパーのほか建材や家電の部品の原料として利用されています。


/従来のプロピレンの製造法と新しい製造法/
プロピレンの製造法は石油由来のナフサから得る方法があり、問題点は原油価格に連動しやすいナフサの影響を受けやすいことなどがあります。
新しい製造法は、天然ガスからプロピレンを作ります。メリットは、原油価格に生産が影響されないことや、製造時の消費エネルギーや二酸化炭素(CO2)排出量を減らせることなど。
クルマの環境への影響やコストの改善につながりそうな技術です。


/新しい製造方法の動き/
日揮と三菱化学が、年産能力100~300トンの実証プラントを国内で2010年に稼動させ、2012年に年産能力10万~50万トンのプラントを商用化する計画(2009.11現在)


[主な参考資料]
・日本経済新聞2009.11.8



生産・製造関係

気になる記事ピックアップ

タイヤがへり続けると
タイヤの交換を示すのは溝の深さですが、交換時期を越えても乗り続けたタイヤはどうなるでしょうか。溝がなくなり、つるつるになった後も擦り減っていくと、ゴムから繊維が見えてきて、最後には穴が開きます。安全運転とは程遠い状態ですので、タイヤとしてはあり得ない状態です。

アラウンドビューモニター
/アラウンドビューモニターとは/・車庫入れや縦列駐車などが苦手な人にとって嬉しい機能です。/アラウンドビューモニターの経緯/アラウンドビューモニターは世界で初めて2007年10月にエルグランドに搭載されました。.....

CVT(無段変速機)
/CVT(無段変速機)とは/自動変速機(AT)が段階的に歯車(ギア)を組み替えて変速するのに対し、CVT(無段変速機)は滑らかに変速する仕組み。/CVT(無段変速機)のメリット/・ATより動力の効率がよく、.....

ドライブレコーダー
/ドライブレコーダーとは/ドライブレコーダー(又は「イベントデータレコーダー」)は、交通事故時の情報を記録するための装置。ドラレコとも言われます。/ドライブレコーダーの内容/・カメラによる映像など.....

キー閉じ込み
キーを車内に残したまま、車をロックしてしまうという事態。ロードサービスに解決してもらうことが多いです。昔はウインドウのスキマから針金などを使って自力で開ける人もいましたが、だんだん複雑になってそれができなくなっています。またキーレスエントリやイモビライザーなど技術の進歩でキー閉じ込みが起きないようにもなってます。

Copyright © 2007-2015 わくわくクルマの新機能ガイド. All rights reserved