「バッテリーを通販?」友人は笑いました。
でも 僕もビックリした驚きの値段を教えたら...

エコに節約!バッテリー交換


あなたの愛車のバッテリー交換で、 激安バッテリーを選ぶことが、実は地球環境にもいいんです。

なんのこと? はい、それは、再生バッテリーだから。

そもそも再生バッテリーとは・・・
バッテリーは使用しているうちに、極板に硫酸鉛の結晶が付着して(サルフェーション)性能が落ち、やがて使えなくなります。 再生バッテリーは、再生技術を使ってこの原因を除去することでバッテリーを復活させます。

もともと程度の良い中古バッテリーを選んで再生するので、90%以上能力が復活しているのに、値段はなんと1/4からと激安です。

この激安のおかげで、能力の大きいバッテリーを選んでも低予算で楽々購入できます。

エアコン、ステレオ、カーナビなどなど・・・愛車の電気需要が気になるなら、再生バッテリーを利用して、能力の大きいバッテリーを楽々購入で快適・安心ですね。

【節約】できて、【エコ】で、しかも【快適】。 理想のバッテリー交換がまってます。

知らずにバッテリー交換した人が本気で悔しがってます。


△ クリック △
エコも 節約も 再生バッテリーが解決

気になる寿命や性能は?


再生バッテリーで性能や寿命は大丈夫なの?

安くても使い物にならなければ意味がないですよね。

だから、再生バッテリーはお店選びが重要です。

実績と信頼のあるお店から購入する事がポイントです。

そしてもう一つの重要なポイントは保証です。

再生バッテリーだから、保証つきの商品を選ぶ事が大事です。

こちらのお店は、保証もついてますし実績も抜群。 再生バッテリーの人気も手伝い、年間2万個以上のペースで売れてるそうです。


△ クリック △
エコも 節約も 再生バッテリーが解決


バッテリーお役立ち一口情報

バッテリーサイズと車種
同じ車種でもグレードや年式、仕様などの違いによりバッテリーのサイズが異なることはよくあります。バッテリーを選ぶときは思い込みで決めないようにしましょう。マイカーのボンネットを開けて今搭載されているバッテリーの規格を読み取るのが確実です。うっかりしないようにしっかり確認しましょう。

マイナスに始まり、マイナスに終わる
バッテリー交換で注意したいのは電極の付け外しの順序です。ショートの危険性を低くするため、最初、外すときはマイナスを先に外します。そしてプラスを外します。バッテリーの置き換えが終わったら、今度はプラスから付け、最後にマイナスを付けます。つまり「マイナスに始まり、マイナスに終わる」です。

バッテリーの重さに注意
バッテリーは大きさの割りに重さがあります。意外に重いです。もちろん、持ち上がらないほどではないですが、落とすと痛いです。持ち運ぶときなどは、きちんと両手で持つことが基本です。油断してケガをしては損ですからね。バッテリー交換で注意したいことの一つです。

再生バッテリーとは
再生バッテリーとは使用済みのバッテリーの中でも程度のいいものを選んで、極板の劣化の原因となるサルフェーションを強化液やパルス充電などによって取り除くことで、新品に近い能力まで再生させます。物的な損傷がないバッテリーを選び、化学的な処理で再生します。

サルフェーションとは
鉛蓄電池は放電し切ったりすると、負極板表面に硫酸鉛の硬い結晶(元に戻りがたい結晶です。)が発生し付着します。この現象をサルフェーションと呼びます。サルフェーションは性能低下の原因で、これがおきると十分な充放電ができなくなり、さらに進むとバッテリーとしての使用に耐えなくなります。

D23サイズの主な車種
D23サイズのバッテリー搭載の主な車種には、ハイエース、アルファード、エスティマ、クラウン、アリスト、マークX、デミオ、フォレスター、レガシー、パジェロ、エスクード、インプレッサなどがあります。なお、グレードや仕様などによって同じ車種でも異なるサイズのバッテリーを利用する場合もあります。

ブースターケーブル
バッテリートラブルの際に重宝するのが、ブースターケーブルです。バッテリー上がりでエンジンがかからなくなったとき、ブースターケーブルがあれば、他の車からエンジン始動に必要なバッテリーを分けてもらう事ができます。エンジンがかかれば、自力で家まで戻れます。ロードサービスを利用するまでもないです。万一のためブースターケーブルは車につけとくと良いですよ。

再生バッテリーの活躍
再生バッテリーも今や性能の信頼性や、費用対効果の高さなどが認められ、日本国内でもなんと年間数万台の自動車、重機、船舶、トラックなどで使用されているそうです。いくら環境にいいと言っても実用性がなかったり、利用のメリットがなければココまでは利用されないはず。ますます利用者は伸びそうです。

バッテリーの交換どき
バッテリーの交換どきはいつでしょうか?物的に損傷したときはもちろんですが、能力低下により機能しなくなってきたときもそうです。バッテリーは充放電を繰り返すうちに徐々に劣化していきますが、放電しきることがあると著しく劣化が進みます。(バッテリー上がりには要注意です。)

バッテリーの廃棄
バッテリーには人体や環境に有害な鉛や硫酸が含まれているため、一般の廃棄物として捨てることはできません。ちなみに、再生バッテリーのある通販ショップなら送料500円程度で引き取りしてます。バッテリー交換では交換後の廃棄についてもきちんと考えたいですね。

再生バッテリー人気の本当の理由とは?

激安再生バッテリーはコチラ
△ クリック △
激安! そして エコも!快適も! だから売れてます

クルマお役立ち知識

/ホンダ車/

/日産車/

/トヨタ車/

/マツダ車/

/三菱車/

/スズキ車/

その他メーカー車

着目!特集!

リンクについて

| クルマの新機能エコ&節約バッテリー交換再生バッテリーが選ばれる本当の理由

お問い合わせ

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)

Copyright © 2007~2013 /バッテリー交換/格安&エコの再生バッテリーで楽々パワーもランクアップ. All rights reserved