再生バッテリーだから欲ばれる!激安・エコ・パワーアップ



エコで格安の再生バッテリーだから、出費を抑えてバッテリーの能力アップも楽々。

だからエアコン、カーステ、カーナビなど気になる電気需要も問題なく快適に利用できます。

でも「寿命は大丈夫なの?」

問題はないです。 その証拠に、年間2万個以上のペースで売れています。

心配な人のために1年間の保証つきの再生バッテリーもあります。

再生バッテリーは状態のよい中古バッテリーを選び、バッテリーが使えなくなる原因であるサルフェーション(極板に付着する硫酸鉛の結晶)を、再生技術により除去し再生するものです。

再生後は90%以上の能力を取り戻しますが、価格は4分の1程度。 エコで、格安です。

再生バッテリーは通販で手に入ります。 再生バッテリーだからこそ、実績のある再生バッテリー屋さんを選ぶことが大切です。 ちなみに保証付きであることも選ぶときのポイントです。

ちなみにこの再生バッテリー通販ショップは、雑誌にも掲載され年間1万個以上販売している評判のお店です。


△ クリック △
エコも 節約も 再生バッテリーが解決


バッテリーのお役立ち情報

車内の電気需要
クルマのエアコン、ステレオ、カーナビ、・・・車内で電気を使うものは全てバッテリーによって賄われています。暑い日ほどエアコンに必要な電力は増えますし、電気を使う装備品を増やせばそれだけ電力の負荷も増えます。車内の快適さを追求したら、バッテリーはパワーの大きいものにしたいですね。

サイズ重視で性能を選ぶ(記号の意味も)
バッテリー選ぶコツとしてはまずはサイズと端子の向きは同じものを選ぶのが基本です。例えば「40B19L」であれば、「B19」がサイズ「L」が端子を表します。ですので、「B19L」と標記されているバッテリーから選びましょう。そして性能です。性能は基本的に前に使っていたもの以上のものを選びましょう。パワー不足になっては困ります。例えば「40B19L」であれば、「40」以上の数字のものを選びましょう。

バッテリーサイズと車種
同じ車種でもグレードや年式、仕様などの違いによりバッテリーのサイズが異なることはよくあります。バッテリーを選ぶときは思い込みで決めないようにしましょう。マイカーのボンネットを開けて今搭載されているバッテリーの規格を読み取るのが確実です。うっかりしないようにしっかり確認しましょう。

マイナスに始まり、マイナスに終わる
バッテリー交換で注意したいのは電極の付け外しの順序です。ショートの危険性を低くするため、最初、外すときはマイナスを先に外します。そしてプラスを外します。バッテリーの置き換えが終わったら、今度はプラスから付け、最後にマイナスを付けます。つまり「マイナスに始まり、マイナスに終わる」です。

バッテリーの重さに注意
バッテリーは大きさの割りに重さがあります。意外に重いです。もちろん、持ち上がらないほどではないですが、落とすと痛いです。持ち運ぶときなどは、きちんと両手で持つことが基本です。油断してケガをしては損ですからね。バッテリー交換で注意したいことの一つです。

Copyright © 2007~2013 /バッテリー交換/格安&エコの再生バッテリーで楽々パワーもランクアップ. All rights reserved